うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約108万円の年金を受給できた事例

受給事例

*性別:男性
*年齢:50代
*職業:無職
*傷病名:うつ病
*決定した等級、受給決定額:障害厚生年金2級、4,053,060円(遡及分を含む)

相談内容

障害により仕事もままならず生活が苦しいとのことでお問い合わせをいただきました。当初の面談では、首の骨が変形してしまう持病のため首、背中、腰に痛みがあり日常生活に支障があること、パニック障害との診断を受けているとお話されていました。また、病院が出している薬についてご自身で調べてみたところ、うつ病の患者さんに出すお薬なので、ご相談者様は、ご自分でうつ病なのではと思っているが、うつ病と診断はされていないと思うと話されていました。

社労士事務所の見解

どちらの障害がより生活に支障があるかお聞きすると、首の持病とご回答がありましたが、医師から明確な診断名が伝えられていませんでした。また、面談時に聞き取りした内容では、身体障害も精神障害のどちらとも受給要件に該当しない可能性があると思われました。

その状況をご理解いただいたうえで、主治医に診断書を作成していただくことをご提案しました。 その結果、パニック障害ではなく、以前は統合失調症感情障害と診断で、さらに現在は、うつ病と2種類の傷病名がついていました。 その結果を踏まえ、身体障害での届出を見送り、精神障害として請求することにより障害厚生年金2級となる可能性があることをお伝えしました。

受任してから行ったこと

ご相談者様は、面談時から記憶がぼんやりとしており、聞き取りした内容に曖昧な点が多くみられました、また以前に医療機関から受け取った診断書を紛失してしまったこともあり、医療機関へのご連絡は、当サポートが対応することをご提案しました。

主治医へ診断書の作成依頼を行う際、当サポートが、ご相談者様からヒアリングした日常生活の困りごとや、現在の生活状況や病状も併せてお伝えさせていただきました。 ご相談者様の状態をしっかりと反映していただいた診断書を作成いただくことができました。

結果

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約108万円の年金を受給できました。

関連記事

「うつ病」の解決事例

「精神疾患」の解決事例