持続性気分障害で障害厚生年金2級を取得、年間180万円弱の年金を受給できた事例

受給事例

*性別:男性
*年齢:40代
*職業:無職
*傷病名:双極性障害
*決定した等級、受給決定額:障害厚生年金2級、1,773,892円

相談内容

20年以上務めた会社で、長期間にわたる長時間労働や単身赴任での転勤や出向が重なり、メンタルヘルスを患ってしまったとのことでした。発症後も、どうにかお仕事を続けようと頑張ったそうですが、複数回の休職、勤務時間の短縮・軽減措置、降格に伴う配置転換などを経てもお仕事ができなくなってしまい、1か月後には退職が決まっている状況で、当サポートへご連絡くださいました。 過去にご自身で障害年金のご請求を検討されたようですが、障害を抱えた状態で制度の仕組みや、手順を正しく理解して必要な書類をまとめることなど、今の精神状態ではとても無理との結論となり、当サポートへご依頼するこをと決めたそうです。

社労士事務所の見解

精神的な障害によりお仕事を辞めざるをえなくなったことから、厚生年金3級の可能性を検討しましたが、職場でのこれまでの出来事、ご家庭での生活状況、ご相談者さまから聞き取りした障害状態を考慮すると、更に上位等級2級に該当するのではないかと思われました。

受任してから行ったこと

過去にご自身で医療機関に問い合わせ、初診日を証明してもらおうとしたそうですが、20年近く前の出来事であるため、医療機関にカルテが存在せず、諦めたとのことでした。

当サポートにご相談者いただいても、かなり昔の話なのでご自身で記憶が失われて検討もつかない、記憶が曖昧、勘違いしている等、病院が廃院となっている、カルテが破棄されているというケースは少なくありません。

今回のご相談は、相談者様がしっかり記録を残していましたが、医療機関のカルテが破棄されてしまい初診日が明確に証明できないケースでした。当サポートがヒアリングを行い、ご相談者様の記憶をたどっていただき当時の医療機関と、ご友人4名様から有効な証言を聴取することができましたので、第三者証明という方法で、初診日の証明を行い、無事に審査機関に認定されることが出来ました。 ご相談者さまがしっかりと病歴を記録していたこと、ご友人へ相談していたこと、障害を放置せずしっかりと治療に取り組んでいたことが功を奏し、その結果、厚生年金2級という結果につながりました。

結果

持続性気分障害で障害厚生年金2級を取得、年間180万円弱の年金を受給できました。

関連記事

「持続性気分障害」の解決事例

「精神疾患」の解決事例