【面談コラム】『双極性障害』で初診日が20年以上前の方との面談を行いました。(40代 女性)

相談者様

40代女性

詳細

高校卒業後、思い通りに就職活動ができず自傷行為までするほどストレスを抱えてしまい、ご両親に連れられ精神科を受診。入院が必要なほどの症状だったが入院を拒否し、自宅にこもるようになってしまったそうです。
通院2年程経ったころ、薬の過剰摂取をしてしまったそうですが、その後体調が改善されたように感じ、20年近く病院受診はなく過ごされてきました。

3年ほど前に、ご自身の病により、生きていくことの意味が見いだせないほどの落ち込みがあり、大量飲酒、不眠など症状があらわれ、精神科を受診し双極性障害との診断を受けたそうです。
なかなか就労できず、ご両親の援助で生活されていらっしゃるということで、ご両親へ申し訳ない気持ちで負担を少しでも軽くできないかと考えるようになったそうです。調べてみると初診証明や書類作成などとても自分ではできないと感じ、代理でお願いしたいとご連絡いただきました。

初診日はだいぶ前になりますが、カルテが残っている可能性があるということ、日常生活においても、食事や入浴などができない、ご家族以外との接触はほとんどないこと、金銭管理ができず衝動買いをしてしまうなど、障害の状態が認定基準に該当と見込まれましたので、受任することとなりました。