【面談コラム】『気管支喘息・呼吸不全』で病歴就労状況等申立書の書き方に困っていた方と面談を行いました(50代 男性)

相談者様

50代 男性

詳細

気管支喘息・呼吸不全と診断され、在宅酸素療法を施行されていました。
障害年金受給をお考えになり、ご自身で申請の準備をしており、必要書類を揃え、診断書も取得されていました。申請に必要な「病歴就労状況等申立書」の作成にお困りになっておられました。

障害年金の請求は書類審査のみです。そのため、医師が作成する『診断書』と、自らが作成する『病歴就労状況等申立書』は請求の際の最も大切な添付書類です。
ご自身での作成は困難であると思い、書き方を教えてくれるところはないかと当社にお問い合わせいただきました。

当社は書き方のみをお教えするサポートはいたしておりませんが、面談までの流れ、受任後のサポート内容などをご案内いたしましたところ、ご契約いただき、お手伝いさせていただく運びとなりました。