【面談コラム】『双極性障害』の方からご相談をいただきました。(20代 男性)

相談者様

20代男性

詳細

当社へご相談いただいた方からのご紹介で、ご連絡いただきました。

県外の専門学校へ進学し、急に意欲低下や体が動かなくなり引きこもりの状態になってしまったそうです。通学困難となり、ご両親の元へ帰ることになり心療内科を受診し、うつ病と診断されました。治療経過途中で、双極性障害との診断に変更されました。

障害年金の申請は、医学的診断と日常生活の状況を踏まえて総合的に判断されます。

相談者さまの日常生活の状況について、いくつかあげますと以下のようになります。

・家族以外との交流は乏しく、他人とのコミュニケーションは食い違いが生じやすい
・食事や身の回りの清潔保持など、家族の促しがないとできない
・薬の飲み忘れが多い
・金銭管理について、計画的に行うことができず散財してしまう

日常生活の多くの場面において、支障をきたし家族の助けを必要としていることなどから、障害の状態も認定基準に該当すると見込まれましたので、受任する運びとなりました。