うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約102万円の障害年金を受給できた事例

受給事例

*性別:女性
*年齢:50代
*職業:無職
*傷病名:うつ病
*決定した等級、受給決定額:障害厚生年金2級、1,028,018円

相談内容

胸の圧迫感や倦怠感が続き、心療内科を受診され、うつ病と診断されました。生活のため無理をしてお仕事もされていましたが、病状悪化のため、休職、更に退職を余儀なくされました。収入もなくなってしまい不安ばかりが募っていたところ、障害年金制度のことを知り、早く申請したいとお考えではありましたが、自分で申請するのは大変であること、専門家に任せた方がいいのではと思い、ご連絡いただきました。

当サポートの担当者が女性ということもあり、安心してご相談することができたとおっしゃっていただけました。

社労士事務所の見解

お仕事を辞めざるをえなくなったことなどから、厚生年金3級の可能性はありましたけれども、倦怠感の常態化、めまい、胸の圧迫感、外出することもができない、感情のコントロールが上手くできないなどの症状から、更に上位等級2級に該当するのではないかと思われました。

面談の際にも、何度も涙を流す場面がみられました。

受任してから行ったこと

初診日から、現在通院している病院が同じであること、初診日から1年6か月後の認定日請求でしたので、書類取得や作成がスムーズでした。

主治医へ診断書の作成依頼を行う際、当サポートが、ご相談者様からヒアリングした日常生活の困りごとや、過去の病歴などを踏まえレポートにまとめ、主治医にお渡ししました。

診断書の内容もご相談者様の状態をとても細やかで丁寧に記載された診断書をご作成いただくことができました。

結果

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約102万円の年金を受給できました。

関連記事

「うつ病」の解決事例

「精神疾患」の解決事例

「障害厚生年金2級」の解決事例