うつ病・自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を取得、年間80万円弱の年金を受給できた事例

受給事例

*性別:女性
*年齢:50代
*職業:無職
*傷病名:うつ病・自閉症スペクトラム
*決定した等級、受給決定額:障害基礎年金2級、795,000円

 

相談内容

主治医から、障害年金制度について説明を受け、ご自分で障害年金を請求しようとご準備していたそうです。しかし、必要書類の作成を進めていくうちに行き詰まってしまい、申請サポートをお願いできる相談者を探していたところ、当サポートの存在をお知りになりご依頼いただきました。

 

社労士事務所の見解

過去にあった出来事がトラウマとなって、自宅にいても常に不安感や恐怖心があり、外出も困難であること、家族を含め、自分以外とのコミュニケーションをとることが困難であることなどから、障害認定基準2級に該当する見立てをしました。

 

受任してから行ったこと

初診日が、約17年前で病院も閉院しており、更に次に受診した病院も閉院していましたので、初診日の証明は困難とみられました。 しかし、ご相談者様が当時の病院や薬局の領収書を大切に保管なさっていたため、参考資料として添付することができました。また、日記を記していたのでその日記も参考資料として提出いたしました。

その他にも主治医の提案で、訪問看護のサポートを受けているとのことでした。サポート内容をお聞きし、サポートなしでは自宅の片付けが困難であることの状況を写真にとって添付いたしました。

主治医へ診断書の作成依頼を行う際、当サポートが、ご相談者様からヒアリングした日常生活の困りごとや、過去の病歴などを踏まえレポートにまとめ、主治医にお渡ししました。

診断書の内容もご相談者様の状態をしっかり書かれ、細やかで丁寧に記載された診断書をご作成いただくことができました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円の障害年金を受給できました。

関連記事

「うつ病」の解決事例

「精神疾患」の解決事例

「障害年金基礎年金2級」の解決事例