うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間80万円弱の年金を受給できた事例

受給事例

*性別:女性
*年齢:30代
*職業:無職
*傷病名:うつ病
*決定した等級、受給決定額:障害基礎年金2級、795,000円

 

相談内容

ご友人が専門家のサポートを受けて障害年金(精神)申請をしており、ご自身も同様に専門家に相談しようとしていたところ、ご縁あって当社へご相談に来らご依頼いただきました。

 

社労士事務所の見解

日常生活においては、適切な食事や身辺清潔保持ができない薬を携帯していないと不安感や焦燥感にかられる等の症状があり、生活のためアルバイトするが、体調不良で長続きせず転々としており、将来への不安感が常にあるようでした。初診日の時点で、国民年金加入でしたので2級に該当する見立てをいたしました。

しかし、初診日が17年前であること、過去に病院を頻繁に変更していること、また、過去の記憶の曖昧さがあって、どの病院を受診した日を「初診日」と判断すべきか整理が必要でした。

 

受任してから行ったこと

初診日から現在の受診の状況までを、特に丁寧に聞きだすことを心掛けました。

相談者様が思う病院を受診した日が初診日ではなく、ヒアリングによって「不眠の症状を理由に通院していた内科」を受診した日が初診日と判明しました。

精神障害との診断を受けていても、因果関係がありそうな初期症状について医師の診察を受けている場合、現在の障害と異なる診療科の受診であっても初診日と認められるケースがあります。

現在通院している病院で、丁寧な診断書を作成していただき、診断書と照らし合わせながら、病歴就労等申立書もしっかり作成することができました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円の障害年金を受給できました。

関連記事

「うつ病」の解決事例

「精神疾患」の解決事例

「障害年金基礎年金2級」の解決事例