【面談コラム】『てんかん』で当時のカルテが残っていない状況の方との面談を行いました。(40代 女性)

相談者様

40代女性

詳細

自身で初診の病院に問い合わせをし、カルテが残っていないことを確認している状況でした。作業が進まず、どうしたらよいか分からなくなってしまい専門家にお願いすることに決めたそうです。
20年程前、交通事故により脳に損傷を受けてしまったそうです。その後5年程経って初めててんかん発作が現れました。

現在でも、適切な治療にもかかわらず、月1度は大発作が起きているそうです。

発作の種類、頻度を詳しくお聞きしましたところ、認定基準に当てはまるようなものと思われました。また、日常生活においてもご家族の介助なしでは生活できないことなどを考慮しても、2級に該当するとの見立てをしましたので受任する運びとなりました。