【面談コラム】『統合失調症』で診断書まで取得されたがご自分では無理と思いご相談いただきました。(20代 女性)

相談者様

20代女性

詳細

年金事務所へ相談し、診断書まで取得されていましたが、ご自分では無理と思い、ネット検索し、当社をお選びお問い合わせいただきました。

ある日を境に、テレビやネットからの情報が、自分の悪口を言っているような妄想や幻聴といった症状が出てきたそうです。
ご主人が忙しく誰にも相談できない状況が続き、自殺願望まで出てきたので、ご家族に付き添われて、心療内科を受診されました。症状が重かったため、入院ができる病院を紹介され、1か月ほど入院した後、現在も月1回の通院をされています。

日常生活の状況は、食事の準備や、洗い物、掃除など家事全般をご主人に頼らなければならず、お子様が2人いて、手のかかる時期ですが、育児もままならない状況です。母親に来てもらって手伝ってもらわなければなりません。
薬の飲み忘れや、計画的な買い物ができない、予約日などを忘れてしまうなど、日常生活においてかなりお困りになっており、ご家族の介助なしでは生活ができない様子でした。

初診日で国民年金加入でしたので、障害基礎年金2級に該当することは見込まれましたので、受任することとなりました。