【面談コラム】『パーキンソン病』の方との面談を行いました。(50代 女性)

相談者様

50代女性

詳細

ご自分で申請を考え、年金事務所に相談をしたそうですが、とても自分では申請が無理だと思い、ネット検索をし当社をお選びいただき、ご連絡いただきました。

面談にはご主人とお二人でお越しいただきました。

パーキンソン病は薬の副作用により、その症状が軽減されることが多く、服用によって症状が抑えられている場合は、障害の状態であると認定されにくい特徴があります。
そのため、相談者様の日常の生活について、しっかりお伺いすることを心掛けました。
薬の効いているとき、聞いていない時の状態を詳しくお伺いしました。

10年ほど前、手の震えや足がぴくぴくするなどの症状があり、近医の胃腸科を受診したところ、脳神経に問題があると考えられるとのことで、専門医のいる病院を紹介され、パーキンソン病との診断を受けました。
当初は薬の服用で症状が安定していて就労もできていたそうですが、数年前から、薬の服用でも症状が抑えられていない状態が多くなっているそうです。
就労はおろか、家事や自身の身の回りのことも、ご家族の助けが必要になっている状況です。

厚生年金加入でしたので、障害厚生年金3級は見込めるとの見立てで、受任の運びとなりました。