【面談コラム】お子様が『発達障害』をお持ちのお母さまからご相談いただきました。(20代 女性)

相談者様

20代女性

詳細

お子様が20歳になられる直前に、お母さまからご相談いただき、面談にはご本人とお母さまとおふたりでお見えになりました。

出生時が初診日とされるため、初診日要件、保険料納付要件は満たしていました。高校生のころ1度受診した病院へ受診をし、診断書発行のお願いもされているとのことでした。

小学校入学後から、同年代の子と比べて読み書きができない、計算ができないなど学習障害ありました。そのため、高校生のころになると、うつ状態になり卒業を目前に通学することができず、退学せざるを得なくなったそうです。

アルバイトをしていた時も、作業内容を覚えられなかたり、簡単な計算ができずお釣りを間違うといった発達障害の症状がみられていたそうです。

主治医からもしっかり診断書を書いていただけるとのお話をされていました。

家族の介助なしでは日常生活が成り立たないことなどから、障害の状態も認定基準に該当すると思われましたので、受任することとなりました。