【面談コラム】『パーキンソン病』の方からご相談をいただきました。(50代 男性)

相談者様

50代男性

詳細

8年ほど前、手足の震えの症状があらわれ、近医を受診したところ、総合病院受診を紹介され、そこでパーキンソン病との診断を受けました。

重労働を伴う仕事に従事していたそうですが、部署変更、デスクワークへ変更を余儀なくされました。

その後、体調悪化に伴い出勤困難となり、退職することになったそうです。

パーキンソン病は薬の服用により、その症状が軽減されることが多く服用によって症状が朝得られている場合は、障害の状態であると認定されにくい特徴があります。

そのため、相談者さまの日常生活の状態について、しっかりお伺いすることを心掛けました。

薬の効いているとき、効いていないときの状態を詳しくお伺いしました。

相談者さまは、年々、薬の服用でも症状が抑えられていない状態が多くなっているとのことでした。

面談にお越しいただいた際にも直前で服用したにもかかわらず、面談途中で悪化増大し、服用せざるを得ない状況でした。

日常生活においても、外出できない日が増えているとのことでした。

初診日において厚生年金加入でしたので、障害厚生年金3級は見込めましたので、受任の運びとなりました。